2005年08月01日

新キッズ・ウォー

加地千尋ちゃん「キッズ・ウォー」シリーズ最新作「新キッズ・ウォー」が今日から始まりました。
新キッズ・ウォーでは今までのキャストと舞台を一新。しかもヒロインが先生。
正直その設定を知った瞬間、あまり期待はしてませんでした。
キッズ・ウォーと言えば、井上真央が演じる茜と言うイメージだったし、キャストと舞台をすっかり変えてしまうのなら、わざわざ「キッズ・ウォー」と言う名前を使わないで欲しかった。むしろ、先生がヒロインなら「ドレミソラ」の名前の方がしっくり来る感じだ(内容が違うと思うが)

で、今日その第一話を見てみました。
ヒロインの先生役はボタバラで有名だった大河内奈々子。ボタバラでは弱いキャラだったのが、一転して今回は強いキャラになってました。
そして、生徒のヒロインは加地千尋ちゃん。初めて見た子だけど、かわいいです。
もちろん位置的には前作で言う茜の位置で、見事に暴れん坊な役を演じてました。
最初はあまり期待してなかったけど、これは面白そうだ。

あと、見ててびっくりしたのが、先生の言葉で
「今どき起立・礼・着席をやってる学校なんてない」という言葉。
今の小中学校では起立・礼・着席をやってないのでしょうか。
もし本当にやっていないのだとしたら、今の教育は最低だと思いますね。
学校は勉強を学ぶ場だけでなく、道徳的なことも学ぶ場だと思うんですよ。
だから、生徒に適度な緊張感ももたせつつ、礼儀と言うものを教える場ではないんでしょうか。
礼儀もなしに自由にやらせてしまえば、何がよくて何が悪いという判断すら出来ない人間に育ってしまうんではなかろうか。
「ゆとり教育」とか流行ってるみたいだけど、これじゃあ「自ら考える」ということが失われるだけなんじゃないかって思う。
昔の方式に固執しすぎだとか言う人もいるかもしれないけど、こういう起立・礼・着席という最低限のところは変えないでほしいと思った。

「いじめ」問題も昔からこんな調子なのか、先生たちが声をそろえて「この学校にいじめなどない」と言っている場面がドラマで描かれていた。
恐らく多くの学校もこんな感じなんだろうな。
先生たちは「ふざけあっているだけだ」と言って、ただ事実を濁してるだけ。いじめがない学校なんてないよ。

うーん、学校の現状がリアルに伝わってくるドラマでもありました。
自分が親の立場になる頃には学校はどう変わってるんだろうか。


何はともあれ、新キッズ・ウォーは予想とは違って結構面白い作りになっているので、夏休み、お昼暇な時は見てみるといいかもです。
五つ子もね!


新キッズ・ウォー公式ページ
http://www.hicbc.com/tv/drama30/new-kids/
posted by けい at 15:05| Comment(19) | TrackBack(1) | TV・CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。